忍者ブログ
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

相田翔子は老けない、劣化が見られない

相田翔子は変化はあるものの、老けたと言う感じはしませんね。


アラフォーで結婚できるほどなので、やはり美人であり、美人だと年齢はいくつでも結婚できるものなのか。


40歳を越えての出産は大変、育児もかなり大変で20代と比べると格段体力的にもきついのではないかと言われていますが、相田翔子はある程度大人になってからの出産だったので余裕を持って育児ができているとか。








この年齢で出産後の復帰が半年ほどしか空かず、体型もそこそこ元に戻してきているので凄いですね。




PR

笑わなかったWink

WINKと言えば笑わなかったことが有名ですが、緊張していたとか二人の中があまりよくなかったことなどが原因なのだそうです。


歌番組では相田翔子が突然泣き出し歌えなくなるというハプニングもありました。


そういう笑わないところが真面目とかひたむきだと言う風に思われて人気が出たのかもしれませんね。




辻希美と加護亜衣のユニットが淋しい熱帯魚をカバーしていましたが、曲の雰囲気にあってなく、やはり淋しい熱帯魚はWinkが歌ってこその曲だと感じました。



Wink の二人も今は交流がないようですし、辻加護も疎遠になっているとか。






Wink はカバー曲が多かった

Wink はSugar Baby Loveとか愛が止まらないとか、涙を見せないでなどカバー曲が多かったですね。

愛が止まらないまでの間に2曲ほどCDを出していますが、それほどヒットはしなかったものの、少しは売れたようでした。

愛が止まらないは1988年に発売されたので、昭和の終わり、あと少しで平成になるという時代で日本の変動の時期の曲なだけあって昔を思い出す懐かしい曲になった気がします。






相田翔子がもう復帰

今年2月に第1子女児を出産しましたがもう復帰したのですね。


LG生活健康社『THE GOLDEN SHOP』ローンチPRイベントにて。

「子どもが寝ている間にリンパマッサージや半身浴をして、泣き出したらすぐに飛び出て…と、絵に描いたような取り乱した生活を送ってました」

「わりと大人になってからの妊娠や出産だったので、子どもがどれだけ泣こうがわめこうがニコニコ接しられている。遅い出産でもよかったなと思ってます」


「夫はこんな子ども好きだったっけ? というくらいベタベタで、違う主人をみたみたい」。


「子供の将来は考えてないけど、主人の母(女優・司葉子)は『女子アナウンサーさんかな』ってたまに言いますね」


結婚前は夫の親に反対されていると言われていましたが、結婚し、数年後の出産となりました。


やはり跡継ぎとか、孫ができるのが条件だったのかなど思いました。


40歳になってからの出産、子育てはかなり大変なのだそう。


 


Wink 愛が止まらないや淋しい熱帯魚以外


Wink は愛が止まらないや淋しい熱帯魚が有名曲ですがその他にもいい曲が多いです。

咲き誇れ愛しさよも有名ですが、それまではCDの売れ行きも落ち込んでいてこの咲き誇れ愛しさよで回復したと言ってもいいでしょうね。

Winkの活動休止前はCDが売れなくなっていたようですが、それでも曲はそんなに悪くもなかったです。

Angel Love Story 秋色の天使も売れ行きはあまり良くなかったもののその時代にあったクールな曲でした。

背徳のシナリオ、追憶のヒロイン、Sexy Music、涙をみせないで 〜Boys Don't Cry〜、One Night In Heaven 〜真夜中のエンジェル〜などが有名です。

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]